安田一彦が贈る パチンコ・パチスロ ブログ&コラムサイト

パチンコ初心者に贈る 安田一彦 実録日記

  • HOME »
  • パチンコ初心者に贈る 安田一彦 実録日記

 

まずはこのサイトをご覧頂いてありがとう。

安田一彦です。

2018年から始まる新規則で出玉上限が5万円だの、警察庁がパチンコ業界を潰す!?だのYahooニュースでも色々と言われているね。

確かに業界は下り坂だけど、そんな事を言われてもパチプロ一筋30年を超えて今更どうの言われてもなぁ。結局はなるようにしかならない。

それでも、パチンコで勝つ方法はまだまだあるんだ。基本はいつの時代も変わらないしね。

これまで、悠遊道のコラムで色々と細かい方法を伝えてきたけど、ここではもっと基本的な勝ち方の基礎。そして俺がどうやって一日を過ごしているか、実戦の流れをお伝えしてみようと思う。

もうすでに勝ち方を知っているユーザーさんは回れ右(笑)。

パチプロでなくたって、勝ち方を知って勝った負けたを楽しむ。そんなパチンコとの上手な付き合い方を是非知って欲しい。

 

11月某日

いつも通りの朝。

カミさんが作ってくれた朝食を食べて、いそいそと電車に乗り込む。

今年の冬は例年に比べて冷え込むそうな。一日中ホールにいるわけだけど、移動の最中は空気でその予兆を感じなくもない。俺の歳になると先が心配だよ。腹巻をそろそろ出すか(笑)。

さて、今日はちょっとアテが弱い。

いつものお店に到着してぐるりと釘を見て回るものの、予想通りちょっとキツ目の気配だ。

ここでまず皆さんにお伝えしたいのは、パチンコはどこまで行っても釘って事。

最初は釘を見ても良し悪しなんて分からないと思うけど、見るクセは絶対につけた方がいい。パチンコは回らなきゃ楽しくないし、勝つ為の大事なステップだ。

 

着席したのは夏場に新台で導入されたCRスーパー海物語in沖縄4 桜バージョン 319タイプ。ライト版は触っているけれど、こちらは初打ちだ。

細かい釘の話はここでは割愛するけど、自分はヘソが小さくてプロが敬遠しがちな台が好き。その辺はいつまでたっても変わらないもんだね。ははは。

さて、実戦開始。

釘を見て、次にやる事は台のスペックのチェック。

打ち慣れていない機種の場合は、まずそこから。この時、お世話になっているのがこのサイト。

昔は新台が出るたびに自分でスペックの計算とかしてたものだけど、今はそこをキッチリやってくれるサイトがある。

パチンコ副収入のすすめ』の管理人さん、アッシュさんは俺とも知り合いで、元々はパチプロなんだけど非常に優秀な人でね。

今は勝つ為の大事な情報をサイトで提供してくれている。

――――

勝つ為に必要な情報は3つある。

回転率、出玉、そしてトータル確率ってやつなんだ。

回転率というのは、千円使った時にデジタルが何回転したか。これは多分すんなりと分かると思う。

次に出玉。これは機種説明に書かれている玉数じゃなくて、実際に取れている玉の数。これは計測の仕方がちょっと手間はかかるけど、最初は大凡でもいいから把握するよう務めて欲しい。

そして最後のトータル確率。これは、少し難しいから飛ばしてくれてOKだ。
――――

1台目

千円で18回転か。ヘソ下げが無いのはいいけど玉がヘソに向かっていかない。

風車自体はプラスでも、その上の連釘が良くなくて玉の絡みが良くない。手ごたえが悪いんで移動してみるか。

 

2台目

ヘソの見た目は同じだけどこちらは風車の絡みがいい。選び直した甲斐ありか、寄りが大分マシな感触。

1250個(5千円)分入れたところで121回転。何とかなるかな。

続いて1万円で251回転。1万5千円で354回転。千円あたり23.6回転なら打てるでしょう。

まずは、こうやって回転率を千円ベースで割って把握していく

っと、次のプッシュ、358回転目で魚群が走って無事大当たり。ここからまたデータをメモりながら打っていく。

#は獲得R・はアタッカーオーバー入賞数

444#16 358*6 再P2250&\6500・3

888#4 10・1

555#12 6・4(100 (KB中計-80個減り) 

何がなにやら分からないよね(笑)。俺がいつも取っているメモをそのまま使わしてもらってるからそこは勘弁。

この当たりは3連チャンして終わったんだけど、大事なのは『当たった時の回転数』と『♯の後の数字』でね。今は機種によって色々とラウンドの振り分けが細かいよね?それは忘れずにメモしておく。

さっき述べた大事なポイントの一つ、『出玉』をしっかり把握するためなんだ。

オーバー入賞とか細かいところは無視してもいいから、自分が獲得した(当たった)ラウンド数をしっかりメモる。これは覚えておいて欲しい。

当たった時の回転数は、今はデータランプで過去データを見れるお店がほとんどだから後からでも確認できるけど、ラウンド数は都度メモっておかないと忘れちゃうしね。

さて、持ち玉になったし勝負はこれからだ。今日のお店は30玉交換。等価交換のお店なら持ち玉どうこうは関係ないんだけど、低交換のお店では『持ち玉・再プレイの貯玉』を使った方がお得って事は知っておこう。

続いての大当たりは持ち玉で繋がってホッ。

555#12 228*0+100・7

222#4 5・1

888#4 4・2

666# 10・6

777#12 15・6

111#12 28・2

666#4 8・0(100 (KB中計-160個減り)

前回の連チャンで時短を抜けてから228回転目にノーマルリーチから図柄が走ってエビ揃い!

すっかり気を抜いてたところだけどこれがあるから海は飽きないんだよね(笑)。

この時もしっかりラウンド数をメモしておく。

あと注意して欲しいのは、一回当てた後の回転数をデータランプでチェックする時なんだけど、『時短の回数は抜く』事だ。

海は100回転だね。だからこの当たりはデータランプ上では328回転目。

でも実際に玉を使って回したのは228回転。そういうメモの仕方だという事は覚えておいて欲しい。

この作業を一日続けていくんだ。

お次は早めの当たりも残念ながら単発。

444# 254#2+100*1
(100 490/1#4

ここから深いところまでいっちまったよ。

(飲 705#5+100

333#12 838*5+100・4 \6500(100

途中飲まれて、追加投資6500円から838回転(データランプ上は938回転)で大当たり。しかしこれも残念ながら単発。

(飲まれる 154*1+100

手元の玉がまた154回転で飲まれちったけど、次のワンプッシュで大当たりして7連チャン。

444#4 161*1+100・2 \500円

444#4 16・1

777#16 3・10

666#4 19・0

222#16 8・6

666#4 4・1

555#12 1・6(100

また持ち玉遊技が可能になって、次は早めの146(データランプ上246)回転。

666#4 146*0+100・1

111#12 10・1

777#16 32・5

666#4 12・1

444#4 13・1

777#12 6・5

222#4 2・3(100

当たらずやめ 334*1+100

ちょっと4ラウンドが多かったかな。

最後は334回転(データランプ上434回転)でこの日の実戦はおしまいだ。

 

通常回転=計2319ウリンチャージ15&18ウリンチャージ0/当り26回&獲得228R

投資再P2500&\13500出玉8951個収支+\8000相当

☆2台目24.121/K(120個/RKB中増減込み=46.31246回/4R(増減込み480個)

 

実戦最後にやる事は、本日のデータのまとめ。

最初の方で言った

回転率 出玉 トータル確率

これを使ってこの日の期待収支を出すんだ。

パチンコってのは、ガイドの石橋達也さんが提唱したボーダー理論で大体の勝ち方は語られているし、今ホールのほとんどを占めるデジパチは、理屈は同じ。

そのボーダー理論を元に、機械のスペックと実際に自分が打った内容(回転率・出玉)これを照らし合わせていくと、『理論上何発勝てる(負ける)実戦だったのか』っていうのが数字で出る

パチプロのやってる事っていうのは、この理論上のプラスを積み上げていって、その日の運・不運で当たる当たらないがあっても、最終的なトータルで勝つ事だ。

イメージ的にはこういう事。ちょっと分かりづらいのはジジイの手作りなんで許してください(笑)。

毎日毎日、なるべく良い内容になるよう心掛ける。

その内容が理論上のボーダーギリギリだった場合(下の黒線)はツキが無ければやっぱり負けてしまう。この線がマイナス方向に向いていたら尚更

でも、上の黒線は赤線のような不ヅキでも、最終的にはプラスになっている。

これを目指すんだ。

その為の、回転率・出玉・トータル確率の把握なんだよね。

 

じゃあ、ここから少し突っ込んだ話をしてみる。

実際の回転率、出玉、これは実戦しながら自分でデータを取る作業

ただ、トータル確率は機種によって違うし、それをこの新台ラッシュの中いちいち計算・把握なんてしてられない。

そこで登場するのがアッシュさんのところ。

このサイトは新台でもすぐにトータル確率を出してくれるし、その情報がとにかく正確だ。

何より重宝するのが、『期待収支計算ツール』。

他の攻略サイトなんかだと、トータル確率を自分で調べて打ち込まなきゃいけない。

でもアッシュさんのところは機種ごとに合わせた形で用意されているから、トータル確率をわざわざ調べなくても、機種検索から実戦結果を打ち込むだけでいいのが便利なんだよね。

慣れない内は、必須項目の赤字のところだけで十分。

そうすると、さっきのグラフで言うところの黒字線。期待収支を勝手に計算してくれて、その日の自分の稼働内容が数字で見えてくる。

 

パチプロの多くはある程度打ったところで、回転率・出玉・トータル確率から予想期待値を出すんだけど、最初は小難しい事なんて考えなくていい。

・メモが必要なデータ(回転率と獲得ラウンド、投資額・最終的な出玉)を知る事

・それを忘れずにこなす事

・最後に実戦結果を(理論上の数値として)知る事

この三点をしっかり繰り返していく事で、細かい事もだんだん分かってくるようになるし、それがパチンコで勝ち組になる為の第一歩なんだ。

パチプロみたいに生活していくレベルでの勝ちなんてみんなが目指さなくていいし、みんなが出来る事でもない。

でも、基礎を知っておく事でお店の良し悪しも分かるようになるし、何より大切なお金を必要以上に無くさないようパチンコと上手な付き合い方ができる。

それを伝えたくてこんなページを作ってみました。

 

ちなみに、アッシュさんのところは、新規則で出ると言われている『設定付きパチンコ』についても、しっかりデータを出してくれるとの事。

『パチンコ副収入のすすめ』以外にも、データを載せているところは一杯あるけど、ここまで細かく正確に、打ち手をフォローしてくれているところは他にないんだ。

無料サイトなんかだと、肝心のトータル確率が間違っているところも多い。情報の信頼性と得られる価値からしたら年会費なんて安いもん。そこはお墨付きだよ。

ジジイが設定付きパチンコに対応できるかは分からないけどね(笑)。

副収入のススメにあるメールマガジンやブログなんかでも勝ちへのヒントは沢山転がっているから、このサイトを知らなかったという人は、是非とも一度見てみて欲しい。


  • twitter
PAGETOP
Copyright © パチンコ・パチスロ 悠遊道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.