安田一彦が贈る パチンコ・パチスロ ブログ&コラムサイト
コラム

ガラスの向こう側へ

ガラスの向こう側へ 【第14話】/釘師ゆきち

自分の調整技術の無さでお客を飛ばしてしまった羽根モノコーナー。 それを見かねた釘師南部さんが救いの手を差し伸べてくれ1週間が過ぎ去ろうとしていた。 南部さん 『あれから1週間や。釘を触らず上が22割、そして今日は15割… …

ガラスの向こう側へ【第13話】/釘師ゆきち

羽根モノの釘を叩くようになり調整に力を入れるも思いは届かず空回り、大きな赤字と僅かな黒字を繰り返し場しのぎ的な調整を繰り返した結果、稼働は激減し危機的状況に陥る。。 自分の調整技術のなさを思い知らされ打ちのめされそうな時 …

ガラスの向こう側へ~ 【第12話】/釘師ゆきち

釘師南部さんから出た『羽根モノ10割切ったら釘を開けろ!』の指示に従い、生まれて初めて羽根モノの釘を叩く日が訪れた。 CR機や権利物は確率に支配されている以上、スタートの調整である程度の利益計画を立てることができるが、羽 …

ガラスの向こう側へ~ 【第11話】/釘師ゆきち

昼間は活気の有る人気のホールも閉店後になれば静まり返る。それは当たり前の話だが、静まり返ったホールで密かに行われる釘調整で活気を生み出していた時代が実在する…。 誰も居ない店内で独りパチンコ台に向かい、翌日の活気を生み出 …

~ガラスの向こう側へ~ 【第10話】

釘調整を任される立場になり初めての週末、外部から来ている釘師さんの存在を知らされる…。 週末仕様に釘を締めながら、聞かされた釘師さんの事が気になって仕方がなかった。 グループ全体の釘は次長が全て叩いていると思っていたが、 …

~ガラスの向こう側へ~ 【第9話】

スロットの月間売り上げ1億円を達成した事で閉ざされたハズの釘師の扉が再び開き始めようとしていた。 これからどうなるのだろうか・・・ いままでの様に次長から釘を教えてもらう形になるのか? 社長が言っていた条件と、未来へ通用 …

~ガラスの向こう側へ~ 【第8話】

ミリオンゴット導入2日目、全台設定6の天国モードスタート 16台の機械から、わずか3時間で12万枚のメダルが払い出された。 翌日から、店内は大盛況・・・ いとも簡単に万枚が達成され、連日出玉ランキングが更新される日々が始 …

~ガラスの向こう側へ~ 【第7話】

ノーマルAタイプばかりのスロットコーナーに5000万円を投資し人気が出始めていたAT機を導入、結果は大正解、それまで1200万だった月間粗利は2000万を楽に超え、取りすぎた粗利は客に全て還元できる状況に・・・ 現代パチ …

~ガラスの向こう側へ~ 【第6話】

総額5000万円の入替費用と聞かされて言葉がでなかった。 自分が企画を上げなければ、この大金は本来使われなかったお金・・・ 任された店舗の稼働はそもそも順調でノーマルAタイプ102台の設置で月間1200万円の粗利を安定し …

~ガラスの向こう側へ~ 【第5話】

グループ最少最弱のお店の稼働を上げようと、逮捕覚悟で始めたモーニング戦略・・・ その効果は奇跡的にパチンコまで波及し、客の間ではモーニングの入っているお店と評判を上げ、それまで低迷を続けていた稼働率は倍になろうとしていた …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © パチンコ・パチスロ 悠遊道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.