安田一彦が贈る パチンコ・パチスロ ブログ&コラムサイト
ライターブログ

パチプロ昔話

パチンコ回顧録 バトルヒーローブラザーズ/安田一彦

この機種を打ったのは前回のウーロン牌と同じ時期で店も一緒。 回りは全然良くなかったのだけれど、当たってびっくりの玉増えバリバリ! 出玉が少なくて電サポ比率が高いとなれば、表(通常時)の回り具合よりも電サポ中の玉持ちの勝負 …

パチンコ機種回顧録 雀士ウーロン牌/安田一彦

この機種を打ったのはジグマを廃業した直後。たしか20年ほど前だったと思う。 当時の住まいから徒歩3分の所にこじんまりとした新規店ができて、そこでよく打った。 ゲージは以前書いたFパワフル等と同じで、カタ部分の通り具合(ス …

パチンコ機種回顧録 モンスターハウス/安田一彦

この機種の登場は2回ループCR機が全盛だった頃。1回ループの確変突入&継続率が2分の1で、時短100回転付きというのは珍しい仕様だった。 2回ループ機に比べたらマイルドなスペックだったんだろうね。2千回ハマリを食らったこ …

パチンコ機種回顧録 バーバーバー/安田一彦

前回に続いて「パチンコ王」という専門誌で行われた三日間の出玉勝負で打った機種を書きます。 このバーバーバーを打ったのは第一回で、名古屋が舞台でした。 実はこの時は秘策として、地元で右打ちとチョロ打ちが効いた「ボクシング」 …

パチンコ機種回顧録 ビッグバロン/安田一彦

この機種を打ったのは奈良県のホール。1994年か1995年のこと。 当時は必勝ガイドや漫画パチンカーと並行して「パチンコ王」(編集は石橋達也さんの事務所)という専門誌でも原稿を書いていた自分。 その雑誌で知らぬ土地での三 …

パチンコ機種回顧録 オリンピア/安田一彦

一発台と権利モノ、電役モノの区分は曖昧だ。いや、多くの制約と規定の中でモノ作りをしているメーカーさんには失礼な話なのだけれど、ファンからすれば 「この穴に入れば当りだろ」 「ようするにここのデジタルが揃えばいいのね」 と …

パチンコ機種回顧録 スーパー海物語SAE/安田一彦

海シリーズはよく打った。メディアでも海のスペシャリストを自認する方がたくさんいるけれど、自分もトータルの遊技時間ならキャリアの分もあって劣らぬ自負がある。 そんな中でも、この通称「白海」は別格に近い。店を替え台を替えでず …

パチンコ機種回顧録 おそまつ君/安田一彦

この機種が出たのはまだ2004年、デジパチの内規が変わり、初当りの下限が500分の1になった時です。 大ヤマトがギリギリの約500分の1で確変継続率を7割前後にしたのが大きな話題になったのを覚えています。 この機種はそこ …

パチンコ機種回顧録 桃太郎

この機種は25年以上前の西陣の羽根モノ。 ハネが赤い桃の形状になっていて、チャッカーに入るとパカッと割れて玉を拾う形式でした。ヤクモノはその下に位置してましたね。 この台がジグマを張っている店に設置された時は、「うわっ、 …

パチンコ機種回顧録 ナナシー

7/4はナナシーの日、そして田山さんの命日。というわけで、今日は初代のコイツを採り上げます。 ご存じ田山さんが終の棲家としたのがこの機種ですが、(もう書いていいよな)日の丸で打てていたのは右から流していたからみたいです。 …

1 2 3 19 »
PAGETOP
Copyright © パチンコ・パチスロ 悠遊道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.