まっきゃんの映画レビューに影響受けて、私は漫画レビューに挑戦デース!(突然の暁切歌)

どこに需要があるかわかりませんが勝手に進めて参ります(*‘ω‘ *)

 

今回レビューする作品は、週刊少年ジャンプ2020年31号から連載中「僕とロボコ」

作者は皆さんご存知、奇才・宮崎 周平(みやざき しゅうへい)氏

舞台は2020年からそう遠くなく、世界が核の炎で包まれることもなければ壮大な兄弟げんかも勃発していない20XX年。

AI搭載超高性能メイドロボット「オーダーメイド」が発売され、瞬く間に世界中に普及していくが、主人公の僕こと「平  凡人(タイラ ボンド)」少年の家は貧しく、未だにノーオーダーメイド。

それゆえ、クラスメイト(ガチゴリラ・モツオ)にからかわれるばかりの悔しい日々を送っていた…。

それもそのはず、モツオのオーダーメイドロボット「メイコ」は笑顔の可愛い従順な美少女ロボット。なんならぽっちゃんが欲しがってもおかしくない一品w(非・オリ〇ント工業製)

とある放課後、いつものようにモツオから「メイコ」を自慢され、我慢も限界。

ボンド少年は、今日こそママに買って貰おうと「中古でもいいから」とおねだりするも「兄弟が欲しいなら今夜パパと頑張ってみる♡から」とあらぬ方向へ会話は向かう。小4以上あたりになればわかるであろうママの言葉に、小6の彼は「違うし!生々しいよ」とナイスなツッコミ!思わず「フフッ」となる言葉のチョイスに、作者のセンスが感じられる。

と、すったもんだのやり取りの末、ママが購入を快諾。

翌日玄関で迎えたメイドロボットは、パンフレットとは似ても似つかぬ「ロボコ」だったことで物語が加速していく。

「ごっつあんです!」と言う言葉やドカ盛りご飯が似合いそうなガッチリボディの「ロボコ」は、AIには無いはずの感情が豊かで、泣いたり笑ったり怒ったり、そしてヒザの見た目が「(ド〇ゴンボールの)ナッパ」と同じと言う筋骨隆々で、加えて家事も出来ないポンコツロボット。

可愛いメイドロボットを期待していたボンド少年はガッカリして「ロボコの役立たず!大っ嫌いだ!」の言葉を残し家を飛び出してしまう。

夢中で走っていると、プッープッーーー!!とけたたましく響くクラクション。その音に振り向くボンド少年。

泣きながら走ったためか知らぬ間に道路に飛び出しており、ひとり101回目のプロポーズ状態!!

立ち尽くし「あわや」という場面で、ロボコが飛び出しボンド少年をかばい、歩道に押し出す格好でそのままトラックに撥ねられ・・・、逆にトラックがバラバラになるのはギャグマンガっぽくてまたイイ!(運転手もケガ無し!!)

そんなことがあってようやくロボコと打ち解けた訳だが、連載の基本ともいえる第一話の最後に大きな謎が残る格好で終るのも少年誌にありがちなラッキースケベよりも好感が持てる。

ちょっと意味が分からないという人は、「To LOVEる(とらぶる)※作:矢吹健太朗 氏」を読んで勉強していただきたい。ガチでw

 

ストーリー紹介にチラっと出てきた、いじめっ子であるはずのクラスメイトの存在もいい!!

まずド〇えもん的で言うところの「ジャ〇アン」ことガチゴリラ。ニックネームにゴリラを含むだけあり、類に漏れずゴリラ顔w

そんな彼には「人は見かけで判断してはならない」と学ばせてもらった。

彼が完全な悪なら「憎らしい」で終るところ、映画でしか優しくない〇ャイアンとは違い、毎回優しさの塊のような素敵な言葉を残す。これを読むためだけ買っても損はないかもしれないし損かもしれないがそこはあなたの気持ち次第!

そしてガチゴリラと共に行動するのが「モツオ」。お金持ちゆえに位置的に「スネ〇君」ポジション。

お金持ち特有の鼻持ちならないヤツ。かと思いきやのガチゴリラ同様「いいヤツ」w

貧富の差を感じさせない主人公との人間関係は「ちび〇る子ちゃんの花輪君」のよう。

ガチゴリラと共に「ボンド少年を人間的にも育てていこう」という姿勢が見て取れて、もしかしたら将来社長になるための帝王学なのかも知れないと思ってしまう。知らんけどw

なお、作中にもちょいちょい他の漫画のパロディ的要素が出てくる。よく見かける手法ではあるものの、若かりし頃読んだ漫画だったり同じジャンプ連載中の漫画だったり様々で飽きが来ない。画風の模倣の素晴らしさにも目を見張るものがある。私の若かりし頃読んだジャンプ漫画は「男一匹ガキ大将」や「ハレンチ学園」辺りな気もするが、そこは 加齢 華麗にスルー。

そして、コンプライアンスを重視せざるを得ない表現の枠の中であっても、素晴らしく面白い。

「人に優しく」を絵に書いた(漫画だから勿論絵に描いている)様な、今一番青少年に読ませたい漫画ナンバーワン。

 

そして、読み進める事で深まる「ロボコ」は一体何者で、なぜそんなに優しいのか。と言う謎。

これは、ただのロボットギャグ漫画ではなく、もはやハートフルコメディ。

このご時世、心が乾いたら読んで欲しい。青少年から性少年となった方にもおススメしたい

来週も彼らの非日常に目が離せない!!

2020年9月7日現在連載中です。単行本もそのうち出ますので、是非ぜひ!

実践記はこの後スグ!こちらも是非ぜひ(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

8/17

久しぶりに開店待ちをしよう(笑)と試み、入場整理券をもらいしばし待機。

開店5分前に再整列。ソーシャルディスタンスの為、今までの指定位置とは別にチョークで記された番号の位置に並ぶ。

据え置きは無いと思うが、ここ数日回るようになった甘仕置人で勝負!

遊タイムラムクリ確認の為、50回転回すも「スエオ」は出ずorz

フルカスタマイズの為、ちょっとした違和感があっても当たってしまうので、無駄玉防止も兼ねてちょびちょび打ってたら回りは落ちる一方( ˘•ω•˘ )

とはいえ、150回転以上回したら天井目指したくなるのが人情か。

・・とと、天井行く前に当たってシマッタ!167回転目ゲーム数赤から初当り。使い2,375個で均して17,6回転。回ってないw

時短抜け後がヤメ時かなぁ~と、時短7回転目でPフラw

玉ちゃんを激写し10Rゲット!さっきまでやめようと思ってたとは思えない勢いで連チャンしろ!と誰よりも願う。真仕置クラッシュターボ突入。

49回転目:四→七図柄:10R

18回転目:四図柄:3R

72回転目:四→七図柄:10R

53回転目:二→七図柄:10R

75回転目:五→七図柄:10R(Pフラ)

50回転目:五図柄:3R

ととST終了後50回転の時短が付き・・

時短20回転目:六図柄:3R

・・・伸ばせずorz

初当り込み9連チャン。出玉5,485個

続けて打ち出す。ST終了後63回転目虎の会煽りからリーチ発展し金カットインで決まり六図柄が揃うも単発・・・

時短込み106回転目変動開始赤襖、赤背景やら激震やらで巳代松一人でも当たるwで弐が揃う。クゥ~引き戻せず単発。

時短込み63回転目、連がゼブラで大当り。またしても弐。単発・・・

やめよっかなぁのタイミング49回転目で☆5。

六図柄は時短中に玉が減る苦痛の消化。

全ノマレも有り得るんで、4,015個の時点で戦略的撤退にて終了!

投資:2,375個
回収:4,015個
収支:+1,640個

 

~8月収支~

◆パチンコ
 8/ 1:155,000個
 8/31:160,675個
 収支:+5,675個

◆スロット
 8/ 1:100枚
 8/31:1,200枚
 収支:+1,100枚

ショボくてもプラスはプラス!!9月も気合入れて頑張っていきまっしょい!

※なお、漫画レビュー評判が良ければまた書きます。無いと思うけどw