安田一彦が贈る パチンコ・パチスロ ブログ&コラムサイト
業界ニュース

ニューギン、毎年恒例の「花慶の日2018」を開催

 毎年恒例行事になりつつある慶次イベントだが、今年は「連れ慶」なるキーワードでパチンコファン拡大を狙い、遊技人口低迷の業界に喝を入れた。 ニューギンは7月14日、都内千代田区の東京ドームシティ・プリズムホールで毎年恒例の …

西陣、花満開シリーズなど、後継機種が登場

 花満開シリーズの最新版が登場。大当り確率アップで、さらに遊びやすくなった。好評のGLは再販となる。「CR ALL2025 with 100」の後継機となる「CRGGGG SP」も同時発売。納品は9月17日の予定 (地域 …

ニューギン初の設定付き新規則パチンコ、最高設定の大当り確率は1/69に

 やっぱり新規則対応機は設定付きが主流になるのではないかと思う。時間効率が良く、サクサク回るのであれば、設定差をそれとなく感じることもできるのではないかと。パチスロで言う設定推測、設定看破の面白さがパチンコでも味わえれば …

6号機「Sアメリカン番長 HEY!鏡」検定通過

 既に情報が多数出回っているが、6号機の検定トップ通過は大都だった。開発力のあるメーカーだけに、射幸性が低く抑えられた6号機市場においても一定のシェアを確保することは間違いないだろう。 ㈱大都技研(木原海俊代表取締役)の …

カジノ法案にトランプ氏の影

 カジノ法案に関してはここで何度も言及しているのだが、急ぐ理由は結局コレだった。依存症対策やら何やら、全てカタチづくりで、最初からカジノ建設は決まっていたようなものである。こういうのを世間一般では茶番という。  カジノを …

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

 とにもかくにも厳しい状況ということで、業績が上向く傾向は見られない。まだパチスロの方がそれほど悲観的に考えずに済みそうではあるが、6号機頼みということでもある。 ダイコク電機は7月5日、都内水道橋の東京ドームホテルで「 …

ギャンブル依存症対策法案、審議入り

 カジノを含む統合型リゾート(IR)が建設されることはほぼ決まっていることなので、今更依存症対策基本法案云々を言われても困るというのが正直なところなのだが、一応審議はしましたというカタチづくりでもあろう。入場回数制限に関 …

にゃんまるを起用した、新CMを放送開始

 いわゆる、ゆるキャラらしいのだが、筆者は正直知らなかった。まあ、知らなくてはこの業界で生きていけないというわけではないが、昨年のゆるキャラグランプリで3位に輝いたようで、業界以外でも知名度は高いらしい。 株式会社マルハ …

SANKYO、設定付きの新規則パチンコ第1弾「Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW」を正式発表

 設定付きのパチンコと言えば初期のCR機を思い起こさせるのだが、3段階の大当り確率を設け、設定1が一番機械割的に高いという仕様だった。しかしながら、きちんと使いこなせる店がなく (最低設定を使い、クギで出玉率を調整すると …

東京都受動喫煙条例、ホールは政府案と同様の扱い

 店舗数が多い東京ゆえ、様々な意見があっただろうが、条例は2020年4月に施行となる。まあ、喫煙率は今後も下がっていくことが明らかだろうから、この条例による多大な影響はないと個人的には見ているがどうだろうか。 東京都独自 …

1 2 3 16 »
PAGETOP
Copyright © パチンコ・パチスロ 悠遊道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.