自由で"本当に面白い"読み物を

ライターブログ!

フェイバリットギタリスト トム・ジョンストン

ウェストコーストロックと言えば、「ホテル・カリフォルニア」のイーグルスが有名ですが、このトム・ジョンストンが在籍する「ドゥービー・ブラザーズ」もなかなか
「チャイナ・グローブ」「ロング・トレイン・ランニング」等、日本のCMでよく使用されるヒット曲は、けっこうな人が聴けば「ああ、これか」とわかるんじゃないかな

彼は初期メンバーの柱で、一時病気の療養で離脱~その間にマイケル・マクドナルドというAOR色が強いキーボードの新規メンバーが加入し、ヒットを生むという微妙な立ち位置でした
でも、復活後には(一時解散し、再結成の中で)元気に歌とギターをやってます

キャッチーなリフ作りとオールドスタイルながらよく歌うフレージング、泥臭くもあるヴォーカルや雰囲気と、彼にも若い頃は憧れたなあ

動画は代表曲の一つ、「チャイナ・グローブ」
現在の姿にしたかったけど、今は余計なギター入ってるからなあ
大昔の演奏です

>>続きを読む<<
安田一彦 / 2017年6月24日

About

皆さん、こんにちは、安田一彦です。初めましての方もいらっしゃるかと思いますので、まずは自己紹介を。

私はもともとパチプロです。大学入学後にパチンコを覚えて以来、35年間パチンコ漬けの生活を送ってまいりました。
人に誇っていいことかはわかりませんが、まあ、人並みに続けたのはパチンコくらい。
コケの一念もここまで来たら、(真っ当な会社員的世界以外なら)キャリアとして語っても良いかと自分では思っています。

もちろん、芸は身を助けるというか、身を滅ぼすのか?(苦笑)
東京都の教員採用試験に合格し、中学校の英語教員として採用はされたものの、「パチンコさえあれば、生きていくには困るまい」と簡単に仕事を辞めてしまったダメ人間。
至らぬところは齢50をとうに越えても多々あるのは十分自覚しています。
人として大切なことを学んだのは、パチンコ、あるいはパチンコ関連のメディア仕事からだけですしね。

そんな私もパチンコ専門誌で30年ほど原稿を書き、勝ち方やパチンコを通した様々な人生観を表現する、所謂「誌上プロ」という形態でライターをしてきました。今も「パチンコ必勝ガイド」という専門誌で月に2回、「パチンカー」というコミック誌で月に1回、日記を連載しております。

そんな私がこのサイトの立ち上げに動き、実務は運営の二人に任せながら、パチンコ関連の読み物等を配信しようと決めたのは理由があります。
続きを読む…

PAGETOP
Copyright © パチンコ・パチスロ 悠遊道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.